債務整理を依頼する弁護士を選ぶポイントは?

債務整理と一言でいってもたくさんの種類が選択できます。

個人再生とか任意整理、特定調停、自己破産や過払い金の返却を求めるなど様々です。

どれも性質に相違があるので自分はどれを選択すればばいいのかというのは専門家と協議をして決断するのがいいと思います。

 

ただ、債務整理をするには費用が必要なのです。お金がない人に整理するための費用なんか用意できないんじゃないかと思いました。

そこで、債務整理をする人の多くが良く利用すると言われている任意整理費用の相場ってどの位なんだろうと思ってインターネットを使って調査した事があります。

 

任意整理にかかるお金には幅があって、相談する場所次第でまちまちであるという事がわかりました。

 

任意整理は、消費者金融などの債権者と直接交渉する方法なので、弁護士とか司法書士への依頼費用しかかからないのですが、相場があってないようなものらしいです。

 

共通しているのは、整理する債権者1社ごとに費用が必要ってことです。

1社あたり5万円で5社あったとしたら、25万円の費用ということです。1社あたり4~5万円はかかると思っていた方が良さそうです。

 

ただ、費用が高いから任意整理の交渉に長けているとは限らないようですね。

 

自己破産や個人再生は、最終的には裁判所が決定するのですが、任意整理は債権者との直接交渉なので、弁護士の腕次第の部分が大きいのです。

 

なので、弁護士や司法書士に依頼するなら、債務整理に慣れた先生が良いです。それとやはり相性ですね。

 

そんな弁護士を選ぶポイントとしては、話しやすいと感じる弁護士を選ぶことが望ましでしょう。隠し事なく話して相談しないと適切な対応をしてもらえないですから、話しやすく信頼できることは重要と思います。

 

そうはいっても、普通に生活していたら弁護士の先生と関わるような機会もないのではないでしょうか。

 

知人やご近所に弁護士がいても、逆に借金のことを知られたくない場合もあります。弁護士には守秘義務があるので他言はされないでしょうが、そもそも本人に知られたくないって思うこともあります。

 

そんな場合は、相談会のような場所で話しやすい弁護士を見つけるのもよいですし、周りの人から体験談を聞いて目安にしてみるのもいいかもしれません。

 

一番は、直接面談することです。電話やメールのやり取りだけで決めてはダメですね。直接会って相談してみると相性が合うかどうかも分かります。そもそも、弁護士は直接面談することを義務付けられているはずです。