任意整理をすると銀行口座が凍結されることがある

銀行に借金をしている場合は、借金を整理しようとするとその口座から預金が引き出せなくなることがあります。

だから、前もってお金をおろしておいた方がいいです。

銀行は自分が損をしないように、口座を凍結してその預金をおろせないようにしてしまいます。

口座が凍結されるのはひどいことだという印象を受けるかもしれませんが、銀行サイドからすれば、少しでも回収したいですから当然のことなのです。

債務整理をするには、けっこうな費用もかかるので、お金が引き出せなくなったら困りますから、前もって現金にしておく方が良いのです。

借金していない銀行だったら、債務整理をしても関係ないですから、凍結されることはないです。

 

債務整理を弁護士、司法書士にしてもらうとき、最初に気にするべき問題は着手金及び以降かかって来る経費のことです。

着手金の場合、平均して一社につき二万円程です。

中には着手金0円を掲げる弁護士事務所も目にしますが、これは同時に過払い金がある債務者に限ることですから、依頼時には注意が必要です。

債務整理と一言でいってもたくさんの種類があるものです。

個人再生とか特定調停、自己破産や払い過ぎたお金の請求など様々です。

どれも性質が違っているため自分はどれをセレクトすればいいのかというのは専門家に話をして決心するのがいいと思います。

借金を返すことができなさそうな場合、司法書士や弁護士に依頼し、自分の財産を全て手放したり、弁護士に間に入ってもらって債権者と交渉してもらう自己破産や任意整理というような手順を踏みます。

借金の返済ができなくなった場合に、返済義務のある人は、弁護士を通して債権者と相談して、月々にいくら支払い可能なのか、返済する額を調整します。

これが任意整理という手続きですが、任意整理になる場合でも、銀行口座が凍結される場合があります。

 

任意整理では返済できない場合や、自宅などを所有しながら借金を返済する個人再生という手段もあります。

借りているお金の総額が減りますが、自己所有の住宅のローンなどは残りますので、注意がいります。

 

無理な返済計画で任意整理をすると、和解後の返済が困難になることがあります。

そんな場合に、債務整理には再和解と呼ばれるものが存在します。

再和解とは、任意整理の後に、もう一回交渉して和解することです。

これは可能なパターンと出来ない時がありますので、可能か否かは弁護士に相談した方がよいですね。

 

 

任意整理の後、色々なところから借りていた借金を返し終わったら、5~10年も経過すれば、信用情報機関に登録してある情報がすべて消されますので、その後は借金することが不可能でなくなります。

しかし、任意整理を終えて、任意整理の打ち合わせをした業者に借り入れすることは無理になります。

 

債務整理をするなら、任意整理できるうちが良いのですが、必ずデメリットはあるので、それらを承知の上で実行することです。